植物ゲノム発現研究チーム

研究室一覧へ

 

 

 

ニュースリリース一覧を見る

研究概要

植物ゲノムの発現制御機構の解明とその応用

植物ゲノムの発現制御機構の解明とその応用 最先端のゲノム科学的方法により、環境ストレス適応・馴化に関するエピジェネティック・RNA・ペプチドの制御機構を明らかにし、化合物などの活用により新たな有用植物資源の創出法の開発を目指します。キャッサバの統合オミックス解析により塊根生成制御ネットワー クを明らかにし、生産性向上などの有用植物資源の創出法の開発を目指します。

研究内容

  1. 環境ストレス適応・馴化に関与するRNA制御機構の解明
  2. 環境ストレス適応・馴化に関与するエピジェネティック制御機構の解明
  3. 環境ストレス適応・馴化に関与するペプチド制御機構の解明
  4. 化合物などの活用による新たな有用植物資源(環境ストレス耐性植物など)の創出法の開発
  5. キャッサバにおける塊根形成制御ネットワークの解明および生産性向上などの有用植物の創出法の開発
Fig.1
Fig.2